HOME>info>泥沼化しやすい離婚問題は弁護士に相談することでスムーズ

泥沼化しやすい離婚問題は弁護士に相談することでスムーズ

相談

離婚問題は弁護士に相談

当事者同士が感情的になりやすい離婚問題はこじれる前に弁護士に相談しましょう。お互いが求める条件をしっかりとすり合わせ、財産や親権など決めるべきことを順番に決めていきます。万が一慰謝料請求で裁判になってしまったときもしっかりサポートしてくれるので安心です。

慰謝料請求された場合一人で戦う?弁護士に相談する?

一人なら情報と知識を味方につける

慰謝料請求された場合には請求のもとになった証拠書類や金額の妥当性など確認すべきポイントがいくつもあります。自分だけの力でやるのは大変ですが、確認が漏れるともったいないのでしっかりと情報を仕入れ知識を身につけましょう。

弁護士は典型例を知っている

慰謝料請求は場合によりけりの要素が多いですが弁護士はその経験から典型例を多く知っています。その分減額につながるポイントなども知っており、法律の知識はもちろん請求に対するノウハウまで借りることができます。

依頼することでスムーズに解決できる

慰謝料請求のやり取りは原則内容証明郵便で文書を送って行われます。都度有効な文書を作るだけでも大変なので弁護士についてもらうと時間が短縮できます。時間が経つほど泥沼化してややこしくなるため、短期間で解決するのが得策です。

弁護士に関するQ&A

裁判にせずに解決してくれますか?

依頼される方のご要望に応じて交渉による解決を目指しますので可能です。裁判が有効な解決法となる場合もありますが都度ご相談しながら交渉を進めます。

解決にどれくらいかかりますか?

裁判で慰謝料請求をしようとすると裁判確定までしばらく時間はかかります。そこまで徹底的に行わず、交渉である程度の金額で落ち着いてしまえばそれほど時間はかかりません。

費用はいくらですか?

担当する弁護士によって様々です。概算の金額が知りたい場合は初回相談無料のところで聞いてくる手もあります。大抵は実費に合わせて着手金と報酬金に分かれ、報酬金は慰謝料額に一定の割合をかけた金額になります。

相談だけでもできませんか?

初回相談を無料に設定している弁護士事務所はたくさんあるので、まずは頼ってみましょう。時間が限られているので今起きていることをしっかり自分で整理して説明できると有効なアドバイスがもらえる可能性が高くなります。

依頼した後何をすればいいですか?

弁護士は代理人であるため請求に必要なすべての行為を行えます。手続き的には何もしていただく必要はありませんが証拠集めや情報収集、その他打ち合わせなどには協力する必要がでてきます。